マイケルデル

マイケルデルは1965年に生まれた。ビジネスへの目覚めは早く、12歳の時には、当時流行していた切手収集に目をつけ、自分でカタログを制作し、雑誌に広告を載せて販売する。

メニュー| マイケルデル

マイケルデル


マイケルデル


⇒『デルの革命』を読む!!


マイケルデルは1965年に生まれた。


ビジネスへの目覚めは早く、12歳の時には、当時流行していた切手収集に目をつけ、自分でカタログを制作し、雑誌に広告を載せて販売する。16歳の時は、新聞の新規購読勧誘のアルバイトで、新婚家庭や引越してきた人に的を絞ったアプローチで、年収1万8千ドルを稼ぎ出しいたようである。


その後テキサスの大学へ入学するが、早速キャンパスでコンピューターのアップグレードして学生や近隣の人々に販売する商売を始める。需要は順調に伸び、デルは1984年19歳の時、1000ドルの資金でPC's Limitedという会社を立ち上げ、地元の新聞に3行広告を出したところ、これが大当たりし1ヶ月に約5万ドルもの売り上げをたたき出す。


デルは仕事場を大学寮の一室からオフィスに移し大学を中退、社名をDell Computerに改名して本格的にビジネスに傾注する。


1988年には24歳という若さで株式公開し、1996年に究極のダイレクトセールスとしてインターネットによる販売をスタートし、爆発的な成長を遂げた。


デルは


「優れたアイディアを全て自分で着想することなど誰にもできない。大切なのは、学習するスピードであり、優れたアイディアを実行する能力である。」


「最も単純なやり方が最も優れている場合が多い。」


と語っている。


⇒『デルの革命』を読む!!


[PR]